MOBILE WORK SPACE

働き方が変わる、移動空間。

働き方改革 / ビジネススタートアップ / 災害対策

モバイルオフィス / 移動販売車 / キッチンカー / トランスポーター / 災害対策車

ラインアップからクルマを見つける>>

なぜ、モバイルワークスペースが必要なのか。

WORK

働き方改革

 

クルマがオフィスに

 

営業職をはじめとする外勤スタッフは、一旦オフィスを出ると普段活用しているツール(パソコン、コピー機、スキャナー、デスク、電源など)を使えなくなると同時に、休憩や昼食のためのスペースもなくなります。また、職種によっては更衣やミーティングのためのスペースも無くしてしまいます。もしクルマの中をオフィスと同様の環境にすることができれば、仕事の質、環境、効率が格段に向上します。働き方が変わる、テレワークの新しいスタイルがここにあります。

 

 

メリット

・残業時間の低減・労働環境の向上

・企業イメージの向上・顧客サービスの向上

START BUSINESS

ビジネス・スタートアップ

 

起業家に優しいワークスペース

 

事務所、店舗の開設にかかる高額な資金(取得費、保証金、敷金など)が起業に踏み切れない大きな理由になっています。また、その後の賃貸料も最大の固定費として経営に重く圧し掛かってきます。特に店舗の場合、開業した場所があまり良くなかったら・・・・

もしクルマを動くオフィス(店舗)にすることができれば、事業を小さく始めて大きく育てることが可能になります。起業家に優しいスタートアップツールとしての移動空間の提案です。

 

メリット

・低開業資金・低固定費・高機動性

DISASTER RESPONSE

災害対策

 

日常生活でも使える災害対策車に

 

被災地に於いて車内を対策室として活用できるモバイルオフィスを提案します。車両は一般的な大きさのボディーを選択。普段使いができ、狭い道も走行できる機動性を兼ね備え、車内で就寝、休憩をとることや必要に応じて非常用電源設備を装備することも可能です。導入コストも抑えられるので保有台数を増やしやすくなります。

 

 

 

 

メリット

・低導入コスト・低固定費・高機動性

移動オフィス

として使う。

現場や移動先で、一般的なオフィス機能がそのまま必要なビジネスシーンには、トレイルワークス、ハイエース、NV350キャラバン等をおすすめします。

使い方は、

アイディア次第。

オシャレな移動販売

空間として使う。

場所に左右されず、人目を引く移動販売車やキッチンカーが必要なビジネスユーズの場合は、トレイルワークスやN-VANモデルで、話題性も抜群です。

少人数ミーティング

空間として使う。

現場や移動先で、少人数のミーティングを行ったり、少し広めの作業スペースが必要な場合は、NV200等が最適です。

一人用移動事務室

として使う。

軽カーを多く導入している、外回りの多い職種には、移動先での事務処理や休憩スペースとして使用できるエブリィ、N-VANモデルがおすすめです。

災害時の電源拠点

として使う。

電気自動車や、大容量電源設備を整えたモバイルスペースなら、災害時に最も重要な要素の一つであるスマートフォンを始めとしたコミュニケーションツールの電源確保が可能です。

企業・ビジネス

アピール力のアップ。

モバイルスペース化した車両のボディや、ポップアップルーフに企業ロゴやイメージを載せることで、スタイリッシュで、ビジネス内容が伝わりやすいコーポレートカーになります。

電源設備。

ビジネスユーズだけでなく、

いざという時の備えにも。

EV・PHEV(PHV)車や大容量電源設備を導入したモバイルスペースなら、災害時などいざという時に重宝する電力供給拠点として使用できます。特にEV・PHEV(PHV)車とトレーラーの組み合わせは、最高のモバイル電源装置を備えた、最高の災害対策対応モバイルスペースになります。現場指揮室、宿泊施設、電源設備室等々、使い方は無限大です。

電気系統 / オプション一覧

サブバッテリーシステム

エンジンが停止した状態でも電気装備が使えるように別回路で電源システムを組みます。

外部AC100V充電

車外の100Vコンセントでサブバッテリーを充電します。

2ポートUSBソケット

今では必須となったスマートフォン等の充電に役立つUSBソケット。

正弦波インバーター

サブバッテリーのDC12Vを家庭用電源AC100Vへ変換します。

AC100Vコンセント

AC100Vコンセントの差込口を増設します。

LED照明

暗い場所でも車内を明るく照らします。

移動空間をカスタマイズ。

モバイルスペースをより充実の空間にカスタマイズできます。

ラインアップからクルマを見つける>>

〒610-0311 京都府京田辺市草内橋折55-1

TEL:0774-63-7600    FAX:0774-63-7601

Q & A