メルセデス・ベンツ Vクラス車椅子 リフト フィオレラリフト Vクラスカスタム

 

メルセデス・ベンツ Vクラス ショートボディがベースです。

ミニバンが大人気の日本でも、あまり見ない輸入車ミニバンということで人気のモデルです。

 

 

 

 

その Vクラス に取り付けたのは Vクラス の車椅子リフトとして相応しいデザインと機能性を兼ね備えた フィオレラリフト F360 スリムフィット 。

フィオレラリフト は耐荷重360kgと高スペックながら、片アームでとてもコンパクトなデザイン。電動車いす等、重量のある車いすでも安心の一台です。

 

 

 

 

フィオレラリフト の格納ポジションです。

リフト操作はアーム横のディスプレイユニットのボタン、もしくはリモコン操作で行います。

 

 

 

 

格納状態では、車椅子が乗る プラットフォーム が畳まれているので、このポジションでプラットフォームを手動展開します。

下記のムービーで操作方法が確認できます。

 

 

 

 

 

プラットフォーム展開ポジション。プラットフォームの後方に、車椅子落下防止のロールストップが展開しています。

 

 

 

 

プラットフォーム地上ポジション。落下防止用ロールストップが自動で降ります。

 

 

 

 

リフト格納時は、フィオレラリフト の大きな魅力の一つである、リフトの横展開が可能です。荷物の出し入れや緊急時の際に役立つ機能です。

 

 

 

 

リフトアームの根本にあるオレンジ色のレバーを引くと、リフトのロックが解除されます。

ロックを解除したら手動でリフトを回転させます。

 

 

 

 

 

 

 

プラットフォームサイズは2種類。

詳しくは フィオレラリフト 詳細ページをご覧ください。

フィオレラリフト について>>